fbpx

再就職コースRE EMPLOYMENT

新たな仕事・職場で頑張りたい!

1リワークセンターを利用中

再就職を目指す皆さまに、丁寧にヒアリングをおこないながら、やりたい仕事や就職時期を一緒に検討します。

再就職に向けたスキル向上のプログラムだけではなく、ストレス対処やコミュニケーションプログラムなどを通じ、再就職後を意識した規則正しい生活と週5日40時間働くことのできる状態を段階的に目指していきます。

 

スタッフが、就職活動に必要な応募書類の作成や面接対策などのフォローをおこないます。また障害者手帳の取得を検討中の方には、障害者雇用の活用をアドバイスします。

2再就職した後

新しい職場環境や業務に慣れるまでは、誰しもがストレスをかかえてしまうことがあります。

就職後も定期的な面談をおこない、課題や問題点を一緒に検討します。必要に応じて企業との間に入り、円滑に勤務できるようにサポートします。

「うつ病」再就職事例

配置転換後に業務になじめず退職
自信を取り戻し、希望の再就職へ

健康食品メーカー会社勤務 
販売アシスタント 
30代・男性

  • 利用までの経緯

    はじめは復職を希望していました。そのときは障害者職業センターを利用していましたが、退職することになり、職業センターからリワークセンターを紹介されました。
    当時はこれまでの仕事中の繰り返しの失敗から自信がまったくなくなっていました。

  • リワークセンターを利用中

    週5日リワークセンターに通い、仕事に対しての自信をつけていくために、電話訓練や事業所のイベント企画などの模擬業務をおこない、また平行して就職活動もしました。
    午前は就職活動と模擬業務、午後はコミュニケーション力、ストレスマネジメント力を高めるためにプログラムに参加しました。面談を通して、スタッフから就職活動のフォローやアドバイスがあり、とても助かったことと心強かったことを覚えています。数回の面接を経て、希望する就職先に無事内定をもらいました。

  • 再就職した後

    週に1回、仕事が終わった後にリワークセンターで面談をおこなっています。今後は少しずつ面談を減らし、自分だけで働き続けることができるように努めているところです。また月1回程度、土曜日プログラムに参加して、同じような悩みを持つ人たちと話しをすることが気分転換になっています。

    [スタッフより]ご本人の希望を尊重し、リワークセンターからの企業介入はおこなわないことにしました。ご要望は「安定して就労継続できること」であるため、面談ではセルフケアを中心にサポートを実施しています。以降は徐々に面談回数を減らし、ご本人で自走できる状態を作ることを目指しています。

その他のリワーク紹介